定額制出会い系のラブサーチの掲示板

定額制出会い系のラブサーチの掲示板の文章が出会いのきっかけに。

彼女との出会いは何気なく読んだ彼女の掲示板から始まりました。内容ははっきりと書いてなかったのですが、彼女の文章が自分の胸に凄く響いて寂しくて切なくて返事を出しました。そして励ますつもりがメールを何度もやり取りしている間に自分の中で「大切な人」となり、出会って1ヶ月ぐらいの1月22日電話で告白しました。

 

その後彼女とは26日に初めて会いました。
電話でもそうだったのですが「昔から知ってる人」みたいな感じで、お互い凄く自然なのでビックリしています。彼女には×1で子供がいます。そして心に病を持っています。でも全てを包んで愛していこうと思います。
今一番の障害は「遠距離」です。横浜と茨城南部の片道は車で2時間以上かかります。いずれ寂しがりやの彼女のために、お金を貯めて引っ越しをしたいと思います。会社からは大分遠くなりますが^^。
ラブサーチスタッフの皆様にはこういう場を作っていただき、ましてこんな素敵な出会いを授けていただき大変感謝をしております。次回は二人の結婚報告が出来ることと信じています。

 

言葉って大切ですよね。
掲示板に書き込んだ彼女の言葉が、どこかの彼の心を打つ。
音だけじゃなく、文章や書き言葉が人の心を打ち、人生の一大決心へとつながることも意外に多いのかも知れません。
そして、実は、たったいま世界のどこかで現実に起こっている事なのです。

 

もしかすると、彼は掲示板を読んだ時に、もう恋していたのでしょうか。
自分では気づかずに。

 

いわゆる、彼女はバツイチ子持ち。
おまけに、横浜と茨城という遠距離。

 

時代は変化しています。
ネットを使い、サイトに登録し、出会う。
インターネットができていなければ。。。
出会い系サイトがなければ。。。
掲示板という機能がなければ。。。

 

ほんとに、ネットが距離を超えていく。そんな、いまが現実にしっかり起こっているのです。
そこに気づくなら、しあわせになれるのだと思いますよね。出会いのきっかけは、ほんとにさまざま。
ただひとつ、アクションを起こさないと、何もない、ということ。
彼は、
ラブサーチという出会い系に登録し、活動した。
そして何日かして、
自分の生きてきたその、自分の感性が、彼女を見つけたのです。
掲示板を読んで響いた感性が、自分を呼び覚ましてくれたのかもしれません。

 

さあ、あなたも、きっかけを作りましょうよ。
出会い系サイトで「ラブサーチ」を使ってみればリアルに感じる出来るかもしれませんよ。
人生が180度変わるかも。。。

 

この体験談を書いた男性が使っていたラブサーチの詳細はこちら↓
ラブサーチの詳細ページ