20代半ば都内男性。宮城県の彼女とのキッカケは出会い系でのチャット

『初めて彼女を知ったキッカケは、チャットでした。普段は、いろんな人とたわいもない話をしておしまいというのがほとんどでしたが、彼女とは気が合って、その場でメールの交換をしてやりとりが始まりました。

最初のうちはいろんなことを堂々という子だなあ・・って感じでしたけど、いつのまにかその素直さに惹かれて、一ヶ月もしないうちに会いたくなり、自分は東京なのですが、彼女の住む宮城県に車で会いに行きました。

電話でも話していたこともあって、さらに会っても雰囲気の変わらない彼女をますます気に入りました。そして楽しい時間はあっという間。お互いに寂しいと感じる状態で別れて都内に帰ってきました。

その翌日、はっきりさせたくて告白しました。そうして彼女もOKしてくれ、今もお互いを思いやって付き合っています。

遠距離で少し遠いですが、その分がんばろう!という気持ちが持ててとても新鮮で幸せな気分です。この出会いをくれた出会い系サイトに感謝しかないですね』


きっかけはチャット、そしてメールの交換。気が合ったかな・・・・と思ったら即アドレス交換を申し込むことが大切なんですね。最初は、お互いにさぐりさぐりの部分もあるのでLINEIDの交換へすぐ行くのはどうかなってのは少しあります。ただ、この人は信用できると思ったら、しても良いと思いますね。結局、自分の感性を信じるしかないんですよね。でないと何も前には進まない。

そして、うまくいった人のコツなんてのは自分の正直に話すことしかないでしょう。こうしたら良い、ああしたら良いなんて杓子定規にできるわけもありませんよね人って・・・。
出会い系サイトを利用しての出会いがうまくいっている男女は、まずはサイト内で、ずいぶんしっかりコミュニケーションを取っています。

期間を決めて、活動を開始するのも良いのではないですか?

定額制出会い系サイト人気ランキングへ

25歳よこはま市女性。仙台に住む公務員の彼に惹かれました

『出会い系サイトに登録して、登録してすぐに彼からメールをもらい意気投合したので一度は付き合ったけれど、別れた彼ともう一度付き合ったりして、もうすぐ8ヶ月。遠距離と言うこともあってなかなか会えませんでしたが、いろんな所へ行きました。最初は私の住む神奈川に来てくれて横浜開港博へ。

フィルム会社のブースが出ていて、プロのカメラマンに写真を撮ってもらったのに「まーいっか」と思って買わなかったのが、いまになっておもうと正直悔やまれます。せっかくの初デートの記念だったのに・・・(笑)

その後は、彼の住む仙台で七夕祭りに行ったり、関東でご飯にいったり。。でもその間も、このサイトで知り合った方とご飯食べに行ったり、東京タワーに登ったりとしていました。その間も彼とお互い行き来しつつ毎晩電話もして、たくさんの時間を過ごしてきました。
クリスマスは彼の家で、ご飯とケーキを作ってお祝いもしました。なんとなく彼といるとほっとするというかで、一緒にいるような気が。
別れた彼とは、もう会っていません。
次は、正月に初詣にいこうと思っているので、風邪気味な自分を早く直したいと思います。
実は私は半年以上男性と付き合った経験がないので、これから先は未知の世界(笑)なのですが、彼となら何があっても乗り越えてずっと一緒にいられるだろうな、、、と自然に思えます。これからも二人仲良く時間を重ねていっていつの日か結婚できればと思ってます。』


紆余曲折があるのが人生だし、出会いだし、恋愛なんですよね。なんのかんのと楽しんでいるのが自分で理解出来ていると自然と結婚を意識するようになるのでしょうね。
サイト内でもいろんな人との出会いを経験し、楽しみながら恋ができれば一番いいですよね。

おすすめの定額制出会い系サイトはコチラ